株式会社大阪エヌデーエス

マネジメントシステム

  1. HOME
  2. マネジメントシステム
  3. 環境マネジメント
  4. NDS環境だよりVol.9

NDS環境だよりVol.9

電気

NDS環境だよりVol.9

※『環境だより』とは、 大阪エヌデーエスが環境への取り組みの一環として、社外の環境について好影響を
  及ぼす働きを展開することを目的とし、社員、パートナーの皆様のご家族向けに作成したパンフレットです。
今回のテーマ :「 電 気 」


  大阪エヌデーエスでは、環境負荷を低減する活動や、環境問題への啓蒙活動等、さまざまな環境への取り組みを行っています。その中で大阪エヌデーエスが事業活動を行うことにより、環境へ負荷をあたえるものとして、「紙」「ごみ」「電気」の3つを重点的な環境側面としてとらえ、削減への取り組みを行っています。
 今回は、3つの中から「電気」を取り上げ、電気消費量の動向やCO2削減のためにできることを、一緒に考えていきましょう。

私たちはどれくらい電気を使っているの?
日本は世界で3番目の消費大国であり、一人あたりの消費量も8,072kwhと世界平均の約3倍です。この内家庭での電力消費割合は26.8%となっており、国内全体で使う電力の4分の1以上となっています。
いつ、何に電気を使っているの?
私たちの家庭では、さまざまな場面で電気を使っています。消費電力の割合が一番大きいのはエアコン(25.2%)です。次に冷蔵庫と照明器具(ともに16.1%)、テレビ(9.9%)と続きます。この4品だけで、消費量の67.3%を占めています。 さらに、家庭の消費量の内、6%は待機電力が占めると言われています。
また、年間の消費量をみると、近年は冷房による夏の電力消費量の伸びが大きく、電力消費は真夏の暑さがピークになる午後2時頃が最大になっており、春・秋の少ない月に比べ約30%増しとなっています。
エアコンの普及とともにピーク時の電力消費はさらに増加する傾向にあります。