株式会社大阪エヌデーエス

ダウンロード

  1. HOME
  2. DOWNLOAD

ダウンロード

弊社案内資料、パンフレット、ホワイトペーパー等をダウンロード頂けます。ダウンロードに際しましては、必ず下記「利用規約」をお読みいただき、ご同意のうえダウンロードお願いいたします。

利用規約

本サイトで提供いたしますコンテンツの著作権は、株式会社大阪エヌデーエスまたは各資料の著作権者に帰属します。著作権者の許可なく、転載、複写、改変、再配布、販売することはできません。

コンテンツの利用は、「利用規約」に同意され、かつ閲覧もしくはダウンロードされたご本人にのみ許諾するものとします。

当サイトに掲載する情報及びコンテンツについては、細心の注意を 払っておりますが、意図せず不正確な情報を含む場合があります。本サイトを利用することにより生じたいかなる損害に関しても、弊社は一切の責任を負わないものとします。

本サイトで提供いたします一部のコンテンツはPDF形式となっております。PDF形式のファイルをご覧いただくには、Adobe社のAdobe Readerが必要となります。Adobe社サイトから最新のAdobeReader (無償) をダウンロードし、インストールしてください。


Get Adobe Acrobat Reader

ホワイトペーパー

Linux kernel tracers リナックスカーネル動作解析

このホワイトペーパーは、株式会社大阪エヌデーエスのLinux製品開発部門における開発実績をもとにLinux製品開発に役立つ様々なトピックを取り上げ説明するものです。本書では組込み製品開発に必要となる「カーネル内部の追跡(トレース)方法」について解説します。
本ドキュメントのダウンロードにはユーザー登録が必要です。登録はこちら。認証が必要です

Linux kernel tracers

組込みソフトウェアの構造化設計

このホワイトペーパーは、株式会社大阪エヌデーエスの車載製品開発部門における開発実績をもとに「派生開発において品質を高めるためのソフトウェア設計」についてご紹介します。
本ドキュメントのダウンロードにはユーザー登録が必要です。登録はこちら。認証が必要です

組込みソフトウェアの構造化設計

カタログ

OSAKA NDS Professional Services for Embedded

大阪エヌデーエスプロフェッシナル・サービスは、組込みシステム開発において長年にわたる組込み特有の開発要求やプロセス技術などに対する豊富な経験をもとに高機能・高付加価値・高品位なソフトウェア提供と総合的に優れたコスト効率で開発を達成できるよう各種支援サービスを提供致します。

OSAKA NDS Professional Services for Embedded

OSAKA NDS Professional Services for Embedded 組込みLinux

大阪エヌデーエス組込みLinuxプロフェッシナル・サービスは、車載向け組込みLinuxシステム開発においてオープンソース特有の要求に適した開発環境構築や、開発手法などに対する豊富な経験をもとに高機能・高信頼性の実現に向け、組込みLinuxソフトウェアの各種支援サービスを提供致します。

OSAKA NDS Professional Services for Embedded 組込みLinux

車載インフォテイメント(IVI)システム開発サービス

車載インフォテイメント(IVI)システム開発において主流となっている派生開発では「どのように品質を維持向上するか」という大きな課題があります。大阪エヌデーエスでは「リファクタリング」を通じた設計改善をおこなうことで、品質・保守性の高いソフトウェア開発をご提供いたします。

車載インフォテイメント(IVI)システム開発サービス

お客様の資産を活かしたAUTOSAR対応をサポートするAUTOSAR支援ソリューションのご提案

近年、自動運転や自動ブレーキなど「複数の車載機器が連携し動作する機能」が続々とあらわれており、この連携動作を実現するために AUTOSAR の対応が必要不可欠になっています。大阪エヌデーエスでは、AUTOSARの知見とBSW開発で培ったノウハウを活かし、お客様の資産をAUTOSARに移行いたします。

お客様の資産を活かしたAUTOSAR対応をサポートするAUTOSAR支援ソリューションのご提案

IVI(車載)機器の Software OTA を支えるSecureOTAダウンローダー

車載ソフトウェアの「クラウド・コネクテッド時代」に向け「新たなサービスビジネス展開」を可能にする AGL Application Framework 向けのセキュアなダウンローダーです。帯域管理機能やレジューム機能など実践的な機能に加え、暗号化通信などのセキュリティ機能を装備。AGL との組み合わせで OTA を実現します。

IVI(車載)機器の Software OTA を支えるSecureOTAダウンローダー

IoT機器のソフトウェアアップデートを実現するSecureOTAエージェント

安全で快適なパッケージベースのソフトウェア更新機能とバージョン管理機能に加え、運用スクリプト実行機能や資産管理機能も搭載。大阪エヌデーエスは、フィールドで稼動するIoT機器を安全に運用管理するためのエージェントを提供します。

IoT機器のソフトウェアアップデートを実現するSecureOTAエージェント

エンタープライズ系システムの根幹を支えるアプリケーション基盤・サービス

大阪エヌデーエス アプリケーション基盤・サービスは、セキュリティやWeb基盤技術など最新技術を駆使し、お客様システムの高機能性、高信頼性実現に向け、システムアーキテクチャ、アプリケーションフレームワークなどのご提案や、お客様に適した開発プロセスの提案、実現、各種ミドルウエア開発、基盤環境構築などのサービスを提供致します。

エンタープライズ系システムの根幹を支えるアプリケーション基盤・サービス

軽量 Deep Learning ソリューション

これまでのDeepLearningソリューションは、大きな計算能力や、クラウドへの常時接続が必要でした。大阪エヌデーエスが提案する軽量DeepLearningソリューションは、ネットワークが使えない環境でもカンタンに素早く導入できて、どんな場所でも Deep Learning を活用できます。

軽量 Deep Learning ソリューション

プレゼンテーション

IoTのセキュリティはこう変わる!あらゆる脅威に対応するセキュリティソリューションを求めて

(2018 Japan IT Week 関西 第二回 IoT/M2M展にて発表)

時間と共に次々と発見される脆弱性。あらゆる脅威にさらされるIoT機器はどのように守るべきなのか。最新の事例から、その答えを探ります。
IoTのセキュリティはこう変わる!あらゆる脅威に対応するセキュリティソリューションを求めて

株式会社大阪エヌデーエス 事業推進 テクニカルスペシャリスト 伊東 賢一

IoT時代に必要なセキュリティとは!? セキュア環境を維持するプラットフォームのご提案

(2018 Japan IT Week 関西 第二回 IoT/M2M展にて発表)

インターネットに接続される機器が増える中、次々と機器の脆弱性が発見されています。機器のセキュリティの実装はもちろん大切ですが、セキュリティを維持できる環境であることが最も大切です。本プレゼンでは組込み機器・端末向けの、セキュア環境を維持するプラットフォームを提案いたします。

IoT時代に必要なセキュリティとは!? セキュア環境を維持するプラットフォームのご提案

株式会社大阪エヌデーエス 事業推進 山口 洋樹

お客様の資産を活かしたAUTOSAR対応をサポートするAUTOSAR支援ソリューションのご提案

(2018 Japan IT Week 関西 第二回 IoT/M2M展にて発表)

近年、自動運転や自動ブレーキなど「複数の車載機器が連携し動作する機能」が続々とあらわれており、この連携動作を実現するために AUTOSAR の対応が必要不可欠になっています。大阪エヌデーエスでは、AUTOSARの知見とBSW開発で培ったノウハウを活かし、お客様の資産をAUTOSARに移行いたします。このプレゼンテーションでは大阪エヌデーエスのAUTOSAR移行AUTOSAR支援ソリューションでは、どのように進めてゆくのかご説明します。

お客様の資産を活かしたAUTOSAR対応をサポートするAUTOSAR支援ソリューションのご提案

株式会社大阪エヌデーエス 事業推進 プロジェクトマネージャー 佐藤 渉

IoT分野でのAWSの活用!AWS IoT と Greengrass のご提案

(2018 Japan IT Week 関西 第二回 IoT/M2M展にて発表)

IoTシステムには沢山のデータが必要です。AWS が提供する IoT基盤ソフトウェア AWS IoT/Lambda/Greengrass によって、ビッグデータを集める / 貯める / 使う ための仕組みをワンストップで、しかも手軽に実現できます。このソリューションが実現するユースケースを皆さんと一緒に考えながら、AWS IoT/Lambda/Greengrass の可能性を探ってゆきます。

IoT分野でのAWSの活用!AWS IoT と Greengrass のご提案

株式会社大阪エヌデーエス 事業推進 秋山 和慶

派生開発における品質を担保するためのソフトウェア開発の提案

(2018 Japan IT Week 関西 第二回 IoT/M2M展にて発表)

派生開発の繰り返しはソースコードが煩雑化し、ソフトウェア(ソースコード)を疲労させています。ソフトウェアを疲労から回復させるために、オブジェクト指向設計によるリファクタリングを行い、保守性の高いシンプルなソフトウェアとして復活させることができます。

派生開発における品質を担保するためのソフトウェア開発の提案

株式会社大阪エヌデーエス 事業推進 プロジェクトマネージャー 大原 大宜

大阪エヌデースが提案する エッジでのDeep Learning

(2018 Japan IT Week 関西 第二回 IoT/M2M展にて発表)

IoT導入に際してデータを単に貯めるだけでは、収集したデータの活用が出来ません。活用するためには、データを分析し、分析結果を基にアクションする必要があります。今回エッジ側の組み込み用CPUでAIエンジンを動作させることで、収集したデータをリアルタイムに分析し活用する方法を提案します。今回提案する方法によって、エッジとクラウド間のレイテンシの影響を排除したリアルタイム処理と、トータルなコスト削減も実現できます。

大阪エヌデースが提案する エッジでのDeep Learning

株式会社大阪エヌデーエス 事業推進 テクニカルスペシャリスト 冨岡 学